探偵業法についても知っておきましょう

知っておきたい探偵業法

探偵業法というのは、探偵業の業務の適正化に関する法律であり、探偵業について必要な規制が定められています。

 

探偵業法においては、探偵業者に対して届出制を義務付けています。
探偵業の業務の適正化に関する法律案により、2007年6月1日から施行されました。

 

この法律の施行により、名義貸しが禁止されています。
届出をした探偵業者は、自己の名義を他人に貸してはいけません。

 

探偵業法では、書面の交付を受ける義務もあると規定しています。
委任契約を締結する際、調査結果を依頼者が違法な行為に用いない旨の誓約書の交付を受ける必要があります。

 

そして、重要事項説明書を交付しないといけません。
依頼者に対して、契約内容に関する重要事項説明に関する書面を交付し、それを依頼者に説明する必要があります。

 

その後、契約後に依頼者に対して、契約内容を明らかにする書面を交付します。

 

探偵業法においては、秘密保持義務も規定しています。
探偵業者は、正当な理由なく業務上知り得た秘密を第三者に漏らしてはいけません。
探偵業務に従事しなくなった後も絶対に秘密を漏らすことは許されません。

 

このように探偵業法によって探偵ができる調査というのはある意味制限されているとも言えます。
何か調査を依頼する時にはこのようなポイントを事前知識として知っておくと役に立つでしょう。

 

>>>即日の浮気調査でも対応してくれる探偵事務所はコチラ


関連ページ

信頼できる探偵社の見分け方
探偵業者の中には料金トラブルなどを招く悪質な業者も少なからず存在しますので、調査を依頼する時は安心して依頼できる探偵を見つける必要があります。
探偵社の選び方について
探偵料金の時間単価の平均費用