探偵料金の時間単価の平均費用

探偵料金の時間単価の平均費用

探偵料金の時間単価の平均費用は、どんなものなのでしょう。
参考になるのが、探偵調査員2〜3名での1時間あたりの単価で、多くの探偵は、行動調査の人員は2〜3名ですることが多いです。

 

 

ほとんどの調査は2〜3名で事足るので、2名1時間の単価の探偵料金の平均費用がポイントになります。
公表されている料金データを元に計算すると、1名1時間単価が7000円〜10000円程度で、2名1時間単価になると、14000円〜20000円くらいになります。

 

ただ、探偵が調査する場合、機材代金などの付加料金がかかってくるので、現実的な2名1時間単価は、15000円〜22000円くらいにはなるでしょう。
一般的に、探偵社の殆どが調査時間によって料金を設定していて、調査時間3時間の場合50000円〜80000円、調査時間5時間の場合90000円くらいが平均費用になります。

 

 

延長料金については1時間20000円〜35000円くらいなります。
探偵料金の時間単価の費用については、1日だけの調査の場合、割引などはあまりないのですが、3日間以上調査をするとなると、基本的に、単価が安くなるよう設定されています。
いずれにせよ、時間単価は高いです。

 

時間料金以外にも探偵社の料金システムにはパック料金制や成功報酬型といった料金システムがあります。
一概にどのような料金体系がいいかという話ではなく、依頼をしたい調査内容に合わせて料金体系を選ぶということも必要になってきます。

 

そのためにはまず調査内容を相談し、見積もりを複数の探偵社にお願いして比較をすることが重要と言えるでしょう。

 

>>>即日の浮気調査でも対応してくれる探偵事務所はコチラ

関連ページ

信頼できる探偵社の見分け方
探偵業者の中には料金トラブルなどを招く悪質な業者も少なからず存在しますので、調査を依頼する時は安心して依頼できる探偵を見つける必要があります。
探偵社の選び方について
探偵業法について